10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
高橋ゼミのHPへは下をクリックしてください
↑ お問い合わせはホームページからもできます。 ↑
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
ツームストンパイルドライバー
雑談です。

授業で生徒と勉強以外の私語を交わすことはあまりないんですが、今日の授業で"tomb=墓”という単語の発音を間違えた生徒が自分のための忘備録として「ツームストンパイルドライバー」と書いていました。

初代タイガーマスク世代の私としては、思わず「ダイナマイトキッドの技知ってるの?」と聞いてしまいましたが、もちろん高2生の彼には通じず、「これは岡田というレスラーが必殺技のレインメーカの前に相手を弱らせるために使う技ですよ。」と教えてくれました。(この技はタイガーもやってましたよね。どっちが先でしたっけ?)


ちなみに、岡田のことはお金をばら撒きながら入場してくる選手だと知っていましたが、レインメイカーという技があるのは知りませんでした。
tkzemi | 私的なこと | 22:45 | - | - | pookmark |
remains of the day から 
現在kindleで読ん「どる」Kazuo Ishiguroのremains of the day からの一節


Only then did it occur to me that, of course, my witticism would not be easily appreciated by someone who was not aware that it was gypsies who had passed by.

witticism 機知に富む言葉、しゃれ   gypsies ジプシー(ヨーロッパの流浪民族)

倒置やoccurの2番目の意味やappreciateの注意点や強調構文など授業で使いたいくらいポイント満載の文です。
こんな文が1ページにいくつも出てきます。

 
tkzemi | 私的なこと | 13:15 | - | - | pookmark |
Star Wars


最近、毎週1本の割合でStar Warsシリーズを6本見ました。

4から6までは見たことがあったんですが、今回は後で作られた1から3を先に見てから4から6を見直しました。

映像的にはどうしても4から6は劣っていて、特に最初に低予算でつくられた4などはかなりチープな感じです。

それでも、子供のころのアナキンがジェダイの騎士を目指し、成長して恋に落ち、子供が生まれると同時期にフォースの暗黒面に落ち、息子と戦い、最後にはその息子への愛ゆえに暗黒面から脱出し、元の姿に戻った霊?として息子を見守るという流れがよくわかったので、この見方は正解だったと思います。

ところで、この夏は中学生や高1生にはいつも通りペーパーバックを読んでもらいます。広大附属福山の生徒は学校で支給されているものをまず読んでもらいますが、塾に備え付けのペーパーバックにはStar Warsも含まれていますので、興味のある人はぜひ読んでみてください。


 
tkzemi | 私的なこと | 14:17 | - | - | pookmark |
Never let me go.


以前書いたカズオイシグロの「Never let me go」 を読了しました。

臓器移植のdonorになるために誕生させられたclone人間たちを教育する全寮制の学校での生活や、成長してdonorやその世話をするcarerになった後の主人公の心理を細やかに描いた作品です。眠れないときに読むと眠気を催す本として少しずつ読み続けてきたんですが、最後は主人公の気持ちにぐいぐい引き込まれて夜中の3時まで読んでしまいました。

最初は、cloneが反抗したり逃げ出したりといった展開を予想していたんですが、全くそんな物語ではありませんでした。日本語版や映画も出てるので、興味持たれた方はそちらもどうぞ。

さて、次の寝る前に読む本ですが、以前から買っていた村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」の英語版を新しく買ったkinldeで読み始めています。
tkzemi | 私的なこと | 10:16 | - | - | pookmark |
ルーズベルトゲーム
日本代表は残念でしたが、カープはやっと勝ちましたね。

今日は、久々にあまり家で仕事することもなくスポーツ観戦して過ごしました。

夜は毎週見ているドラマ「ルーズベルトゲーム」があります。

妻と二人で小栗旬の「ボーダー」とともに楽しみに見てきたドラマです。

入院中に原作を読んだので結末は知っている(?)んですが、それだけに余計に最終回に向けて期待が膨らみます。
tkzemi | 私的なこと | 18:06 | - | - | pookmark |
プリン体・糖質0とノンアルコール

元々酒はかなり強い方なんですが、健康を考えて晩酌はこの2本を交互に飲んでます。
ちなみに、外で飲むときはキリンやサントリーよりもアサヒスーパードライ派です。
今日は塾ネタがなかったので私的な話題です。


 
tkzemi | 私的なこと | 23:25 | - | - | pookmark |
英語の本を読む。

英語の本を読むのもいいね。

上は私が読んだ本の一部です。

一番左は村上春樹の「ダンスダンスダンス」の英語版。

村上春樹は英語で読んでも日本語で読むのと同じ感じで頭に入ってきます。

ひょっとして最初に英語で書いてそれを日本語に訳してるんじゃないかっていう感じがするほどです。

右はハーバード大学のマイケルサンデル教授の「これから正義の話をしよう」の英語版、というより原典です。

英語名は"Justice"。

真中はKazuo Ishiguroという日系イギリス人作家の "Never let me go" 。

簡単に説明すると、臓器移植のために作られたクローン人間たちの共同生活における日常の細やかな心理を描く小説。

かなりおかしな表現になっていると思いますが、この小説の独特さは読んだ人にしかわからないと思います。彼らは自分がクローン人間でやがて臓器移植のドナーになっていくことを知っていながら、その運命にあらがうことなく生きていくんです。

とにかく、たまに眠れないときに読むと、20分もすれば眠りへといざなってくれる本です(笑。
おかげでもう何年も読み続けています。
tkzemi | 私的なこと | 22:25 | - | - | pookmark |
1/1PAGES | |